ざっくり解説

●大友ソウリン(大友宗麟)
豊後(大分県)中心に力を誇り、全盛期には現在の「大分、福岡、熊本、佐賀、長崎」等を治めていました。
一番有名な人物像では「キリシタン大名」で有名です。 表向きは、このような感じですが、人物像としては‥なかなか難のある方だったらしく。
「娯楽にふける」「突如屋敷から消える」「戦下手」などの逸話など、少しおドジなものが多いです。

●立花ドウセツ(立花道雪)
大友家を代表する家臣です。
宗麟の父の代から宗麟の息子の代まで仕えています。「雷」の伝説など、戦国ファンの方には名の知れた人です。

●高橋ジョウウン(高橋紹運)/高橋アキタネ(高橋鑑種)
おいおい‥紹介します。

戻る